廃食油燃料化システム Recycle

​​廃食油燃料化システム
  廃食用油から再生したVDFは、地球環境に
やさしいバイオ燃料

 廃食用油が河川や下水道に流れ込んでしまうと、水環境の悪化や下水処理のために多くのエネルギーが必要になるなど、それぞれの環境への負荷が大変に高いものです。したがって、それらを回収して、軽油車輌の燃料として使うことは、わたしたちの自然環境を守ることと同時に軽油(化石燃料)の消費をおさえ、ひいては二酸化炭素(CO2)の削減にもつながり地球温暖化防止に貢献するものとなります。
 
  VDFとは?

 「VDF」とは、ベジタブル・ディーゼル・フューエルの略称。つまり、廃食用油からつくったディーゼルエンジン用のバイオ燃料のことです。VDFには次のような特徴があります。
VDF特徴
天ぷら油リサイクルフロー
リサイクルフロー
(1)天ぷら油の回収
廃油   回収車
鳥栖市を中心に回収しています。鳥栖市では資源物として回収しています。
 
鳥栖市の家庭ごみの出し方・分け方
矢印
 
(2)精製(エステル化)
精製   エステル化装置
回収した天ぷら油から異物や水分を除去し、洗浄、ろ過を経てVDFが精製されます。(精製収率は80~90%です。)その際発生するグリセリンも資源化しています。矢印
 
(3)給油再利用
給油装置VDFは軽油の代替燃料として、ディーゼル車に給油し自家消費しています。塵芥車、バキューム車、アームロール車等様々な車両を保有しています。
PAGETOP